面白いからくるくる周る。

【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃんの作者が死ぬ間際に作っていたとされる幻の最終回→しんちゃんとシロが家出!たどり着いたところは存在しないはずの集落・・・

nosuke

 

とある日の昼下がり、しんちゃんは、突然僕にそう言ってきた。
でもまあ、それはいつものことだからなぁ。しんちゃんがこう言いだすのも、何度目か分からない。
どうせまた、お父さんかお母さんとケンカしたのだろう。

……でも、この日のしんちゃんは、いつもとは違っていた。
柔らかい表情じゃなくて、とても、真剣な顔をしていた。でもどこか、とても悲しそうだった。
よく見れば、パンパンに膨れた、いつものリュックサックを背負ってた。

「クゥーン……」
(しんちゃん、どうしたの?)

「おおシロ!一緒に行ってくれるか~!」

しんちゃんは僕を抱きかかえて頬擦りする。

「キャンキャン!キャンキャン!」
(違うよしんちゃん!違うから!)

「うんうん!そうそう!すぐに、出発するゾ!!」

しんちゃんは、僕を引きづりながら家を飛び出した。

――これは、僕としんちゃんの、とある夏の日の出来事…… 

 

スポンサードリンク