面白いからくるくる周る。

【突然の連載終了…】スラムダンクはまだ終わってなかった!?→インターハイ後の続きをご覧ください・・・

slu

▼まずは「国体編」。

インターハイ後、冬の国体から話は始まります。
国体は都道府県の代表でトーナメントを競うので、神奈川代表はスラダンオールスターって感じです。
花道は背中の怪我でリハビリ中なので欠場。(怪我がなくても選ばれるかどうか微妙ww)

仙道の華々しい全国デビューが見物です。
仙道ファンの誰しもが「全国での仙道を見てみたかった・・・!」と思ってたはず!
それがこういう形で見れるのはちょっと嬉しいかも。

「湘北vs山王」は伝説とされてるので、流川は国体でもかなり注目選手なんだけど、
「日本一の激戦区・神奈川」であるゆえに、今まで全国へのチャンス与えられなかった仙道が国体で大爆発。
「なんで今までこんな凄い選手が全国に出れなかったんだ!?」と、会場にいる全ての人々を魅了してます。
そしてこれを見た稜南の選手たちは「やっぱり仙道は地区予選で埋もれていい選手じゃない。俺たちが少しでも強くなって仙道の足を引っ張らないようにしよう。もう一度来年の夏、仙道を全国に出してやろう!」とレベルアップに繋がる。

スポンサードリンク