面白いからくるくる周る。

【カッコ良すぎるw】大人版アンパンマンがマジで秀逸!!→喋るアンパンは食べれないwww

baikin_sf4

1:2007/05/25(金) 17:54:14.07 ID:

「ジンだ。ジンをくれ」

薄暗い店内に入るなりスツールに座ったその男はレインコートの襟を立て、
フェルト帽を目深に被ったままバーテンダにややぶっきらぼうにオーダーした。

「二杯目にはビタースを垂らしてくれ」
「かしこまりました」

この日の深夜、そのバーの客は肌が浅黒く酒を流し込む唇の蒼みがかりが少し目立つこの男ひとりきりだった。

「お客さん、この街へはお仕事で?」

二杯目のジンにアンゴスチュラビタースを数滴落としてステアしたものを男のコースターに置きながらバーテンは尋ねる。

「そんなところだ」
ラジオからは古いロカビリーが流れていた。

3:2007/05/25(金) 17:57:05.22 ID:

 男はあおる様に胃に流し込んだ一杯目とは趣きを変えて、
グラスの中の氷の周りで揺らめくビタースでやや朱く染まった
杜松酒のアルコールのゆらめきを眺めていたが、少しずつ口をつけ始めた。ラジオの曲が終わり、ディスクジョッキーが今週の出来事に関する短評を述べるコーナになる。
一昨日、街に程近い森で遭難した子供を救助した男の話題。「彼は今週も大活躍でしたね」バーテンはグラスを拭いながら話を切り出したが、男はすぐに応えずにグラスに
半分残ったジンビタースを一息に飲み干してから一人ごちた。「正義面したアンパンの中には、どす黒いアンが詰まっているものさ……」バーテンはふと思い当たる事があり、楽しそうにラジオに耳を傾けるその男の目を覗き込む。
そこには冷たく深い闇が光っていた。「あんた、まさか、バ……」
「ごちそうさま」

男はゆっくりと立ち上がるとコートの襟を直し、グラスの脇に酒代には多すぎる額の紙幣を無造作に置く。

「バイバイキン!」

男はバーテンにウインクするとドアを開け、表に続く階段をゆっくりと上がっていった。

5:2007/05/25(金) 17:59:11.93 ID:

ちょっといいなって思っちゃった

6:2007/05/25(金) 17:59:24.26 ID:

渋いねぇ。惚れるわ
スポンサードリンク