面白いからくるくる周る。

【未知の世界】古書店の爺さん「寿命、売る気ねえか?」オレ「三か月だけ残して、あとは全部売ります」→結果・・・

zyu

これは、俺がどうしようもなく金に困っていた時の話。

俺はありったけの本を売ろうと古書店を訪れたんだが、それを見た店主の爺さんが「寿命、売る気ねえか?」と話を持ちかけてきた。

俺は話半分で聞いていたが、結局爺さんに手渡された地図の指すビルへと向かってしまった。

そこでは、本当に寿命の買い取りを行っていて、俺はヤケになり「三か月だけ残して、あとは全部売ります」と言ってしまった。

その結果、俺の人生はとんでもないことに・・・

衝撃の内容は次ページからご覧ください!!

スポンサードリンク